にきび予防は保湿が大切

###Site Name###

にきびはアクネ菌によって引き起こされ、汚れや雑菌、刺激などによって症状がひどくなります。

治りが良くなければ、ジュクジュクと痛みが出て、治ったにもかかわらず跡が残ってしまいます。
できてしまったにきびを治療することも大事ですが、にきびを予防することが一番大切です。

予防で最も大切なことは、肌を「保湿」することです。



肌がしっかり潤っていると、肌を守る役割を持つ肌バリアが強くなり、アクネ菌に負けない肌環境を作ることができます。


アクネ菌をおとなしくさせることによって、にきびの発生を抑制することができると言われています。

All Aboutの最新情報をご提供します。

乾燥肌や敏感肌の人は、この肌バリアの力が弱くなっているため、アクネ菌の繁殖を許してしまいます。


また、乾燥肌や敏感肌の人の毛穴は細く弱い状態にあるため、皮脂や汚れがすぐに詰まってしまいます。

アクネ菌の好物である皮脂や汚れを毛穴の中にとどまらせてしまうため、それを食べて増殖するアクネ菌を後押しするかたちになってしまいます。保湿と同等に大切なことは、肌を清潔に保つことです。


しかし、強力な洗浄剤では必要な潤いも流れてしまうため、結果的に乾燥肌や敏感肌につながりますので、優しい洗い心地の洗浄剤がおすすめです。

にきびの予防の基本は生活習慣ですが、ビタミン類の不足や睡眠不足は肌荒れに直結するといっても過言ではありません。



また、イライラする感情は男性ホルモンの分泌を促し、皮脂量を増やすので気をつけましょう。