にきびを予防する方法とは

###Site Name###

にきびが顔にポツンとできると気になって手で触ったり、最悪の場合潰したりしてしまいますが、刺激を与えると更に炎症が肌の奥深くまで進み取り返しのつかない事態を招く危険性があります。

ですので、にきびを刺激することは絶対にやめておきましょう。



にきびは過剰に分泌された皮脂や剥がれ落ちずに残っている古い角質が毛穴を詰めてしまい、その周辺にアクネ菌が集まってきて繁殖をすることで炎症が起きてできてしまいます。

予防するには肌のターンオーバーが正常に働くようになり、古い角質が自然に剥がれ落ちて、皮膚が新しく生まれ変わるようにしなければいけません。

予防策としてはスキンケアと生活習慣の見直しが大切です。

ロケットニュース24情報について詳しく解説しております。

毎日のスキンケアでは正しい洗顔法を行うことが重要で、専用の洗顔料を泡立てネットを使いたっぷりと泡立ててから、泡がクッションになるようにしてやさしく洗って下さい。



ごしごし洗いは刺激になるので厳禁ですよ。


ぬるま湯でしっかりとすすぎ清潔なタオルでぽんぽんと押すように拭きます。

乾燥もにきびの原因となるので、洗顔は朝と夜だけにして、洗顔後すぐにビタミンC誘導体などが配合された化粧品で肌に潤いを与えましょう。生活習慣の見直しは、睡眠時間を十分に取りなるべくストレスをためないようにして、脂っこい食べ物や甘い物を控えビタミンがたっぷり含まれた野菜や果物中心の献立にして下さいね。

正しいスキンケアと生活習慣を続けるうちに次第に肌が健康になっていき、ターンオーバーが正常化されるのでにきびの改善と予防ができます。