セルフケアでのにきび予防

###Site Name###

にきびが顔など露出している部分にできるとそれだけでテンションが下がってしまいます。
メイクをしても隠す事が出来ませんし、さらに一度できると癖になってしまう事もあるという厄介な存在です。


思春期のにきびは治りも早いですが、年齢を重ねるとその分治りが遅くなってきますから、予め予防をしておく必要があるのではないでしょうか。

予防をするには原因を知る事が大切です。


いくつかの原因がありますが、まず乾燥という問題によって発症する事があります。

iemo選びであなたの手助けをします。

皮膚が乾燥すると水分を逃さないようにするために皮脂が分泌されますが、この皮脂があまり出過ぎると脂っぽい肌になってにきびができてしまいます。

鼻の横から分泌される事が多いですが、鼻の横は汗や皮脂が溜まりやすくケアも行き届きにくい部分でもあります。



ですから日頃のスキンケアでは特に保湿を心がけて乾燥を防止するようにしましょう。
さらにメイクにおいてファンデーションを分厚く塗り過ぎると、却ってそれが乾燥を招く場合もあります。

最近ではミネラルファンデーションなど肌に有効なアイテムもありますが、普通のファンデーションを厚く塗って長時間そのままにしておくと水分を外側に放出してしまう事もありますから、紫外線から肌を守れる程度の薄さで塗布するようにしましょう。



また衛生面に気を遣う事も予防になります。

夜の入浴時には蒸しタオルなどで毛穴を開いてから洗顔するなど、しっかりと汚れを取り除くのがポイントです。